注意しないといけない

交通事故の後遺症について幾つか注意事項がありますので、それについて説明していきます。何かしらわからないことがある場合は弁護士などに相談をおすすめします。下手にわからないままでいると損をすることがあります。

 

まず後遺症についですが、基本的に後遺症と認定されるのは「症状固定」が認定されてからとなります。その前は後遺症とはなりません。また、「症状固定」は医師からの認定になります。保険会社からの認定ではないので注意です。次に、後遺症障害は事故との因果関係をしっかりと明確にする必要があります。明確にしていない場合交通事故で後遺障害が発症したとならない場合がありますので注意です。証明できるようなものを用意する必要があります。

 

後遺障害の等級は様々あり、1級から14級まであります。基本的にその等級内であれば交通事故の慰謝料を貰うことが出来ますが、14級付近の症状によっては非常に判断が難しい場合があり、必ずしも14級の後遺障害になるとは限らない場合があります。明確な医療的な証明が必要になりますので注意です。

 

このように交通事故で後遺症を出してしまったとしてもいろいろと考えないといけません。故に、弁護士に相談をして適切な処置をしてもらうことをおすすめします。また、弁護士に相談をすることで増額することが出来る場合もあります。

0

等級について

交通事故により後遺障害と認定されたら等級が決められます。この等級について説明していきます。基本的に等級は1級から14級までになります。1級に近づけば近づくほど後遺障害の状態が重く、14級になればなるほど後遺障害の状態が軽いです。ですから、補償などもその等級によってかなり金額が異なりますので注意です。

 

ここで等級の各後障害の状態を説明すると膨大な文章になりますので、説明はしません。後遺障害等級別の症状を知りたいなら説明されているサイトや医師、弁護士に聞くことを強くおすすめします。特に医師に相談することをおすすめします。等級は結構ありますので、どの分類になるかが微妙なところがかなりあります。ですから、医師に確認してもらい等級を知るようにしてください。

 

後遺障害についてですが、注意して欲しいことがあります。それが交通事故との因果関係があるかです。基本的に交通事故で発生する慰謝料などの後遺障害部分の金額は「事故によるもの」というのがあります。故に、事故によるものとみなされない場合は交通事故により後遺障害が発生していないとなることが稀にあります。ただし、基本的に事故後に「症状固定」がされるのでほとんどの場合は大丈夫です。特に必要な事項が書かれていること、それを照明出来る資料があれば問題ないです。よくわからないという場合は弁護士に相談しておくことをおすすめします。

0

後遺症になるまで

交通事故からいきなり後遺症の認定がされることがありますが、基本的に過程がありますので、それを理解して後遺症の認定をするようにしてください。

 

基本的に後遺症の認定を受けるためには「症状固定」という状態にならないといけません。この「症状固定」というのは、もう現状から症状の改善を見ることが出来ないという状態になった場合に医師から「症状固定」と認定されるものです。大体期間的に3ヶ月で症状固定になるのですが、症状によってはより早くやより遅くなることがありますので注意です。この症状固定になってしまうと治療費の打ち切りになりますのでその点に注意です。それまでの慰謝料などは貰うことが出来ますが、認定されてからもらえなくなるので注意です。故に、改善がされるのにこれに認定されると治療費は全額負担になります。

 

「症状固定」を認定されれば後遺症障害等級の手続きになります。「後遺障害」が認定されれば等級が付きますので、それに応じた手続きをしていく必要があります。必ず「症状固定」の認定がされていないと「後遺障害等級認定」はされないので注意です。

 

この「症状固定」なのですが、保険会社から言われるのは注意です。稀に勝手に保険会社が最低限の補償で抑えてしまうことがありますので、その時は弁護士などにまず相談をしてから適切な方法をするようにしてください。ちなみに決めるのは被害者とその医師です。保険会社が決められることではありません。

0

交通事故で後遺症

交通事故の状態によっては後遺症を発症することがあります。その後遺症によっては生活や仕事をする上で困難な状態になる場合もあります。交通事故による後遺症なら慰謝料や保証を受けることができるようになっているので、しっかりとそれらをやっておくことをおすすめします。場合によっては弁護士に相談をして適切な処置をするようにしてください。ですから当サイトはそのような後遺症を持ってしまった人のために紹介していきます。参考にしてください。

 

〔関連情報〕http://www.ko2jiko.com/pickup-koui/

 

後遺症は等級にわけられており、1級が一番重い後遺症、14級が一番軽い後遺症となります。14級に近づくにつれて生活などが出来ますが、1級に近づけばそれだけ生活に支障が出てきます。それに伴い慰謝料や損害賠償の方が高くなります。しかし、適切な処理がされないことがありますので、しっかりと弁護士などに相談をして事故の処理を行っておくようにしてください。特に注意して欲しいのが、被害者本人が知らないうちに等級が決められるということです。それは必ず阻止するようにしてください。

 

後遺症の等級ですが、これには認定が必要になります。保証を受けるために、正当な慰謝料を貰うために、将来的に最低限苦労しないためにも適切な等級として認定してもらわないといけませんので、弁護士や医師の方に相談をして適切なやり方で処理されるようにしてください。特に等級を決める時に適切な状態ではないということを絶対に避けるようにしてください。それが極稀にあります。

 

このように交通事故から後遺症になるということが多々あります。それを正しく認定してもらうためにもよく考えて行動をするようにしてください。不安なら絶対に弁護士に協力を受けるようにしましょう。

0