等級について


交通事故により後遺障害と認定されたら等級が決められます。この等級について説明していきます。基本的に等級は1級から14級までになります。1級に近づけば近づくほど後遺障害の状態が重く、14級になればなるほど後遺障害の状態が軽いです。ですから、補償などもその等級によってかなり金額が異なりますので注意です。

 

ここで等級の各後障害の状態を説明すると膨大な文章になりますので、説明はしません。後遺障害等級別の症状を知りたいなら説明されているサイトや医師、弁護士に聞くことを強くおすすめします。特に医師に相談することをおすすめします。等級は結構ありますので、どの分類になるかが微妙なところがかなりあります。ですから、医師に確認してもらい等級を知るようにしてください。

 

後遺障害についてですが、注意して欲しいことがあります。それが交通事故との因果関係があるかです。基本的に交通事故で発生する慰謝料などの後遺障害部分の金額は「事故によるもの」というのがあります。故に、事故によるものとみなされない場合は交通事故により後遺障害が発生していないとなることが稀にあります。ただし、基本的に事故後に「症状固定」がされるのでほとんどの場合は大丈夫です。特に必要な事項が書かれていること、それを照明出来る資料があれば問題ないです。よくわからないという場合は弁護士に相談しておくことをおすすめします。

Written by admin in 未分類

Next Post

注意しないといけない

交通事故により後遺障害と認定されたら等級が決められます。この等級について説明していきます。基本的に等級は1級から14級までになります。1級に近づけば近づくほど後遺障害の状態が重く、14級になればなるほ […]

Continue Reading