交通事故の後遺症について幾つか注意事項がありますので、それについて説明していきます。何かしらわからないことがある場合は弁護士などに相談をおすすめします。下手にわからないままでいると損をすることがあります。

 

まず後遺症についですが、基本的に後遺症と認定されるのは「症状固定」が認定されてからとなります。その前は後遺症とはなりません。また、「症状固定」は医師からの認定になります。保険会社からの認定ではないので注意です。次に、後遺症障害は事故との因果関係をしっかりと明確にする必要があります。明確にしていない場合交通事故で後遺障害が発症したとならない場合がありますので注意です。証明できるようなものを用意する必要があります。

 

後遺障害の等級は様々あり、1級から14級まであります。基本的にその等級内であれば交通事故の慰謝料を貰うことが出来ますが、14級付近の症状によっては非常に判断が難しい場合があり、必ずしも14級の後遺障害になるとは限らない場合があります。明確な医療的な証明が必要になりますので注意です。

 

このように交通事故で後遺症を出してしまったとしてもいろいろと考えないといけません。故に、弁護士に相談をして適切な処置をしてもらうことをおすすめします。また、弁護士に相談をすることで増額することが出来る場合もあります。