後遺症になるまで


交通事故からいきなり後遺症の認定がされることがありますが、基本的に過程がありますので、それを理解して後遺症の認定をするようにしてください。

 

基本的に後遺症の認定を受けるためには「症状固定」という状態にならないといけません。この「症状固定」というのは、もう現状から症状の改善を見ることが出来ないという状態になった場合に医師から「症状固定」と認定されるものです。大体期間的に3ヶ月で症状固定になるのですが、症状によってはより早くやより遅くなることがありますので注意です。この症状固定になってしまうと治療費の打ち切りになりますのでその点に注意です。それまでの慰謝料などは貰うことが出来ますが、認定されてからもらえなくなるので注意です。故に、改善がされるのにこれに認定されると治療費は全額負担になります。

 

「症状固定」を認定されれば後遺症障害等級の手続きになります。「後遺障害」が認定されれば等級が付きますので、それに応じた手続きをしていく必要があります。必ず「症状固定」の認定がされていないと「後遺障害等級認定」はされないので注意です。

 

この「症状固定」なのですが、保険会社から言われるのは注意です。稀に勝手に保険会社が最低限の補償で抑えてしまうことがありますので、その時は弁護士などにまず相談をしてから適切な方法をするようにしてください。ちなみに決めるのは被害者とその医師です。保険会社が決められることではありません。

Written by admin in 未分類

Next Post

等級について

交通事故からいきなり後遺症の認定がされることがありますが、基本的に過程がありますので、それを理解して後遺症の認定をするようにしてください。   基本的に後遺症の認定を受けるためには「症状固定 […]

Continue Reading